【ギャラリー情報】「奄美からきたノネコたち」2022年4月1日~3日:代官山

保護猫が家にやってきてから早や1年4ヶ月が経った。
(過去記事「保護猫の譲渡会に行ってきた」)

猫は奄美大島からやってきた。

奄美大島を世界遺産に認定してもらうためにクロウサギを保護する枠組みが考案され、その中に野良猫の捕獲と処分が手続き化されており、引き取りてが現れなければ野良猫はわずか1週間後に殺処分するという何ともむごい決め事があるという。

しかし、これに反応した保護猫ボランティアたちの奮闘のおかげで2018年7月から2022年2月までに捕獲された「ノネコ」(野良猫)311匹はすべて環境省の捕獲部門から保護猫NPOに引き取られ、各地で開かれる譲渡会やNPO拠点から、一般の里親のもとに届けられている。

「奄美からきたノネコたち」展は保護猫たちが引き取り先で暮らしている様子の写真と、飼い主たちが綴った感想コメントをパネル展示するもので、今回で第3回目になる。

かくいう我が家の猫も、展示されるので案内のハガキをいただいた。

保護猫全般や奄美大島のノネコに興味のある方、あるいは単に猫を見て和みたいという方にもおすすめしたいイベントです。

「奄美から来たノネコたち vol.3」
日時:2022年4月1日(金)~4月3日(日)
場所:ギャラリー&スペース mayabell
所在地:東京都渋谷区猿楽町5-17 代官山517ビル1F
アクセス:東急東横線『代官山』駅から徒歩7分
開場時間:3日間ともに13時~18時半 ※最終入場は18時です。