イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

フェアトレードの学校【「食を楽しむ」ことから取り組むフードロス】

7月 28日10:45 AM - 11:45 AM

「食を楽しむ」ことから取り組むフードロス

例えばここ数年ニュースで見る、節分を過ぎると大量廃棄される恵方巻。日本で1年間に発生するフードロスは約646万トンにものぼります。これは1人当たり、お茶碗1杯分のごはんを毎日捨てている計算です。

フードロスは何故起きてしまうのでしょう? つくる人、売る人、買う人。それぞれの意識、行動、関係性は? 流通の仕組みだけでなく、家庭で起きるフードロスについて知り、私たちに出来ることを一緒に考えましょう。

ゲストは株式会社HORBAL(ホオバル)の代表・野上優佳子さん。料理家、お弁当コンサルタントとして活躍される野上さんは、新作『ごはんをつくる前に読む本』、お料理の出来る人の頭の中を丁寧に可視化することで、料理にまつわる不安や自信のなさから解放してくれて、本来楽しい「食」を心豊かに味わえるよう導いてくれる、頼もしいナビゲーターです。

軽やかな気持ちで自炊することで、社会のフードロスについても考えるきっかけになり、生ごみだけでなくプラスチックごみを減らせたり。日常の営みから、自分も社会も健康に! 

野上さんのエネルギッシュなお人柄にふれながら、食にまつわるさまざまな課題について、「工夫を楽しむ」というプロセスで解決策を探ってみませんか?

●ゲストプロフィール●

野上優佳子(のがみゆかこ)さん

弁当家。株式会社ホオバル代表。https://www.horbal.jp/
30年以上お弁当を作り続け、実際に日々お弁当を作る母としての目線から実用性と汎用性の高いレシピと洞察が好評を博している。美濃焼弁当箱「ieben」プロデュースをはじめ、商品アドバイスなども行う。2015年〜2016年『マツコの知らない世界』(TBS)に「お弁当」のテーマで4度出演、その他新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブなど多メディアで活動中。日本国内だけでなく海外でも弁当に関する講演を行なっている。

最新刊『ごはんをつくる前に読む本―三日坊主をくりかえせば自由に生きられる』(笠倉出版社)をはじめ、『野上優佳子のお弁当おかずの方程式』『お弁当のセカイ』(ワニブックス)、『野上さんちの超ラクチン弁当』(学研プラス)、『『夏弁』(主婦と生活社)、など著書多数。

国立研究開発法人 水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員。東京学芸大学こども未来研究所 教育支援フェロー。2女1男の母。

ブログ https://mealinsight.com/
—–

【参加費】
おひとり ¥1000
お友達割 おひとり ¥800

【場所】ピープル・ツリー 自由が丘店
〒152-0035 目黒区東京都目黒区自由が丘3-7-2

【申込方法】
ピープルツリー自由が丘店のスタッフに直接、または電話・申し込みフォームにてお申し込みください。

TEL:03-5701-3361(11:00~20:00) 
フォーム:goo.gl/P6vmWc

詳細

日付:
7月 28
時間:
10:45 AM - 11:45 AM