2012.2.3up

イラスト/大塚砂織

ハーブ&アロマの手づくりレシピ vol.12 お菓子感覚の手作り石けん

大雑把な性格の私にも出来た!オリジナル石けん

「石けん、作ったりしないの?」

アロマの仕事をはじめてから現在まで、皆さんから最も多くのご要望をいただきながらも、実は敬遠してきたのが、手作り石けんです。大雑把な性格の私ゆえ、購入先も少なく、劇物指定になっている苛性ソーダを扱うことには、これまでためらいがあったのです。

ちょっとした“うっかり”で、トラブルが起きたらと思うと、長い間「石けんはつくらないの?」という声に耳をふさいできたのですが、昨年から開始したワークショップを機にトライしてみようかな!?と思い立ちました。 それから、色々なレシピを参考にしては、省いて大丈夫と思えるものは割愛し、楽チンに出来て、原材料が安心で、肌にもよいと思えるレシピの石けんを作ることが出来ました。

その種明かしは、グリセリン石けんを使って“溶かして固めるだけ”ということ。これなら苛性ソーダを使う石けんのように、失敗の恐れもなく、乾燥の手間や熟成期間も要りません。出来上がったらすぐに使えるので、ビギナーにはピッタリです。しかし、始めてみると、混ぜる精油や材料によって個性が大きく変化するので、かくいう私もハマってしまい、まだまだ深追いしている最中です。

柚子オイル、はちみつ、豆乳などを加えて、
変化を楽しむ

グリセリンは、コスメ製品の保湿剤としても使用されるアルコールの一種です。固形のグリセリン石けん素地は、通販などで容易に入手できます。このグリセリン素地を、湯せんや電子レンジで溶かし、精油をたらして好みの型で固めるだけで、オリジナル石けんの出来あがりです!

あなたは、バスタイムをどんな香りに包まれて過ごしたいですか。まだまだ寒い冬だから温かみのある香りが好まれるのではないでしょうか。私はちょっとアレンジを加えて、昨年の冬に仕込んだユズ皮のインフューズドオイル(浸出油)とはちみつ、豆乳をほんの少し足しています。使用感はしっとりとしてマイルドな、肌に優しい石けんです。インフューズドオイルだけでは、香りに物足りなさを感じたので、はちみつ入りにはユズの精油を、豆乳入りにはジンジャーの精油をそれぞれプラスしてみました。完成品からは、お菓子のように美味しそうな香りが漂い、つい食べたくなってしまうほどです。

How to つくりかた

グリセリンのオリジナル石けん
【材料】(ユズ皮の浸出油とはちみつの石けん)
グリセリンの石けん素地 約100g
ユズ皮を干して漬け込んだ
オイル
ティースプーン 1.5杯
はちみつ ティースプーン1杯
ユズ精油 5~10滴
【材料】(ユズ皮の浸出油+豆乳の石けん)
グリセリンの石けん素地 約100g
ユズ皮を干して漬け込んだ
オイル
ティースプーン1.5杯
温めておいた豆乳 ティースプーン1.5~2杯
ジンジャー精油 5~10滴
【用具】
湯せんの場合 鍋、耐熱容器、シリコンカップ
電子レンジの場合 耐熱容器、シリコンカップ

<石けん>

  • 石けん素地を約2cm角にカット
  • 耐熱容器に入れ、湯せんにかけて溶かす
    ※電子レンジの場合は20秒ごとに様子を見ながら溶かす
  • 溶けたら湯せんからはずし、オイルとはちみつ、またはオイルと豆乳を入れて
    混ぜ合わせる(ユズ皮を入れる場合はすり鉢で細かくしておく)
  • 荒熱がとれたら精油を加えて混ぜ合わせ、シリコンカップに流し入れ固める
    ※ここではお弁当用のシリコンカップを2つ重ねて使用しました。
ジンジャー

学名

Zingiber officinale

植物分類

ショウガ科

主産地

インド、中国

抽出部位

根茎部

抽出法

蒸留法

主成分

ジンギベレン

効能

消化機能促進、利胆、制吐、消炎、鎮痛

安全性

皮膚刺激

ジンジャー

香りのタイプ: スパイシー系 / 香りのノート: ミドル

柚子

学名

Citrus junos

植物分類

ミカン科

主産地

日本

抽出部位

果皮

抽出法

圧搾法、蒸留法

主成分

リモネン、テルピネン、α-ピネン、リナロール

効能

緩和、血行促進、抗不安

安全性

光毒性なし

柚子

香りのタイプ: 柑橘系  / 香りのノート: トップ

ガイドプロフィール

野呂 雅代
ファッションスタイリストの仕事をするかたわら、昨年自宅でアロマトリートメントルームを開設。ヨガ歴6年。チンキ剤作りにはまって何年になるでしょうか。月桃の葉や柚子のたねも私の化粧水には欠かせない身近な材料です。

Shukra

取材協力

グリーンフラスコ自由が丘店

自由が丘にあるグリーンフラスコは、「緑の医学」をテーマに、日本にアロマテラピーとハーブの効用を科学的なデータも重視しながら普及させてきたことで信頼を集めるハーブショップです。

記事一覧

読者の皆様へ

ハーブや精油は医薬品ではありません。医師から処方された薬の代わりに使ったり、治療のために使うことは避けてください。
また、妊娠中の人や重い病気の人、慢性的な病気のある人など、からだの健康状態が気になる人は、必要に応じて医療従事者に相談することをおすすめします。体質や体調、利用法などによっては、健康を損ねる可能性があります。
本コンテンツの取材協力者・編集者ならびに制作会社は、精油やハーブを使用して生じた一切の損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。

口コミサイトにもランクイン!haru黒髪スカルプ・プロ