2012.3.16up

イラスト/大塚砂織

ハーブ&アロマの手づくりレシピ vol.14 あずきとラベンダーのあったかアイピロー

ラベンダーの香りと温かさで、ゆるゆるに

昔からあるエコなホットカイロ

自宅サロンの施術時や主催しているヨガクラスで愛用している、手作りのアイピロー。ホットカイロにも似て、温めて使う物なのですが、これがなかなかの評判です。そろそろ暖かな季節を迎えるのにまだホット?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、目の疲れを口にするお客さまや生徒さんがとても多く(私自身も!)、このピローを目の上にのせてしばらくすると「はぁ~っ」とゆるんだ声がもれ、気持ちよさがこちらにも伝わってくるのです。疲労をほぐす方法の筆頭に“温めてゆるめる”ということがあります。季節を問わず必要なのだわ、と実感するひとコマです。

お客様さまや生徒さん、そして私自身も感じている目の疲れ…。原因は長時間パソコンの画面を見たり・寝不足やストレス・空気の乾燥などさまざまです。どれも放っておくと血行不良が目の緊張や疲労へ、さらにそれが首や肩・頭のコリへと繋がってしまいます。血行が悪くならないよう瞼を優しく温めて収縮していた血管の緊張をゆるめる手助けの一つ。それがホットアイピローなのだなって思います。

良質なラベンダーのドライハーブはこちら>

目の血行を良くして 疲れしらずのお顔に!

手作りしているピローの中身は、「あずき(小豆)」と「ラベンダー」のドライハーブ。そもそもは雑誌で“昔ながらの伝承”、“エコなカイロ”として取り上げられていたのを見て知ったのですが、それによると「あずき」は、他の豆類に比べてとても水分をたくさん含んでいるので、レンジなどで温めることで蒸気が出て、カイロになるということでした。

また、「あずき」は空気中の湿気を吸収するので、ある程度繰り返し“チン”してもカラカラに乾燥しないという優れものなのです。私自身、初めて作ってから2年近くお豆の入れ替えはしていませんが、今でもしっかり蒸気を感じます。涼しい場所で保存していたおかげなのか2度の夏越えでもカビたり、虫がつくこともありませんでした。使い捨てのカイロを考えたらこれってかなりお得でエコですね!ラベンダーのドライハーブは香りが弱くなったかなと思った時、1度だけ入れ替えしました。

ピローも洗濯できるように作っておけば繰り返し使えて、エコにつながります。雑誌記事では手ぬぐいやタオルを使っていましたが、私はダブルガーゼと呼ばれる綿素材を選択。瞼にのせた時の、肌当たりの良いふんわり感がお気に入りです。 疲労回復のためには、さらにマッサージやお手入れが必要なのですが、デイリーケアとして目の周りを温めるだけでも、ぜひアイピローを日々の生活に取り入れてみてください。疲れたとき・寝る前の数分。それでも格段に疲労感から解放されます。

How to つくりかた

あずきとラベンダーのアイピロー
【材料】
あずき 150g
ラベンダーのドライハーブ 30g
ガーゼや肌ざわりの良い綿素材 約21×25cm
裏地等で使われている綿素材 約20×23cm
プラスチックのスナップボタン 2ヶ
飾り用のリボンテープ  約8cm
縫い糸  適量

<アイピロー>

  • ガーゼの2辺にミシンをかける
  • 生地を中表にしてたたんだら、図のように飾りのテープも仕込んで端を縫う
  • 表に返してピローの出来上がり

※内袋をピローに入れたら、口の部分を内側に折り込む

内袋の作り方

  • 生地の2辺にミシンをかける
  • 生地を中表にしてたたんだら端を縫う
  • 表に返したら図の位置にスナップボタンを縫い留める
  • あずきとラベンダーのドライハーブを入れて出来上がり
ラベンダー(真性)

学名

Lavandula angustifolia

植物分類

シソ科

主な原産国

フランス、オーストラリア(タスマニア)、ブルガリア

抽出部位

花弁と葉

抽出法

水蒸気蒸留

主成分

リナロール、酢酸リナリル、ラバンジュロール

効能

鎮静、鎮痛、抗炎症、癒傷、皮膚細胞活性、
体内リズムの調整、抗菌・抗ウイルス

安全性

光毒性なし

ラベンダー

香りのタイプ: フローラル / 香りのノート: ミドル

ガイドプロフィール

野呂 雅代
ファッションスタイリストの仕事をするかたわら、昨年自宅でアロマトリートメントルームを開設。ヨガ歴6年。チンキ剤作りにはまって何年になるでしょうか。月桃の葉や柚子のたねも私の化粧水には欠かせない身近な材料です。

取材協力

グリーンフラスコ

自由が丘にあるグリーンフラスコは、「緑の医学」をテーマに、日本にアロマテラピーとハーブの効用を科学的なデータも重視しながら普及させてきたことで信頼を集めるハーブショップです。

記事一覧

読者の皆様へ

ハーブや精油は医薬品ではありません。医師から処方された薬の代わりに使ったり、治療のために使うことは避けてください。
また、妊娠中の人や重い病気の人、慢性的な病気のある人など、からだの健康状態が気になる人は、必要に応じて医療従事者に相談することをおすすめします。体質や体調、利用法などによっては、健康を損ねる可能性があります。
本コンテンツの取材協力者・編集者ならびに制作会社は、精油やハーブを使用して生じた一切の損傷、負傷、その他についての責任は負いかねます。

口コミサイトにもランクイン!haru黒髪スカルプ・プロ