ハーブ&アロマのチカラ vol.4 腸の調子を整えるハーブとアロマ

イラスト / 大塚砂織

2010.09.17 up

カラダのトラブルはお腹から?

「仕事が忙しい」、「会社だとトイレに行きづらい」といったことからトイレに行かず、気付けばもう1週間もお通じがない…。一説によると女性の約50%が便秘に悩んでいるそうです。ご存知の通り、排出しなければならない毒素が体内に貯まると、吹き出物や肌荒れ、腹痛など、さまざまなトラブルがカラダに出てきます。さらに便秘は大腸ガンの遠因ともささやかれています。
今回はそんな便秘を解消するために、日々の生活で取り入れるとよいハーブとアロマをご紹介します。

便秘の4大原因

便秘の主な原因は次の4つだと言われています。

  • 1.水分の摂取不足
    1日の水分摂取量の目安は2リットル。水分不足は便秘の原因になるので注意しましょう。
  • 2.食物繊維の摂取不足
    人が本来摂取するべき食物繊維を十分に摂っていない現代人が多いようです。
  • 3.腹筋の衰え
    運動不足からくる腹筋の衰えは腸のぜん動運動を弱めます。これを弛緩型の便秘と言います。
  • 4.ストレス
    日々のストレスが自律神経のバランスを崩し、消化機能を低下させることがあります。これを緊張型の便秘と言います。

便秘になったら市販の薬を飲む人も多いかもしれませんが、それは根本の原因を解決することにはなりません。まずは、日常生活を見直し、お通じをよくしてくれるハーブとアロマを試してみましょう。

日常生活のワンテクニック-食事編-

「毎日、食物繊維を摂らないといけない」なんて思っていたらとっても大変。しかし、特別なことをしなくても、食生活では次のことに気をつけるだけで少しずつ腸内環境は整っていきます。まずは始められることから始めてみましょう。

  • 1.パン食を減らし、食物繊維を多く含むごはん食を増やす
  • 2.生のサラダより腸内の善玉菌を増やす根菜類をたくさん食べる
  • 3.腸内の善玉菌を増やす、漬物やみそ、しょうゆなどの発酵食品を摂り入れる
  • 4.腸のぜん動運動を妨げるカフェインをなるべく避ける

日常生活のワンテクニック-運動編-

「腹筋を鍛えるためには腹筋運動しかない」と思っている方が多いかもしれませんが、実はそんなことはありません。例えば1日30分のウォーキングや散歩でも十分腹筋は鍛えられます。通勤や休憩タイムにウォーキングを組み込んでみましょう。ストレス解消にもつながるのでおすすめです。

記事一覧

取材協力

グリーンフラスコ自由が丘店

自由が丘にあるグリーンフラスコは、「緑の薬箱」をテーマに、日本にアロマテラピーとハーブの効用を科学的なデータも重視しながら普及させてきたことで信頼を集めるハーブショップです。

撮影小物協力 : 天衣無縫 (バスタオル)

口コミサイトにもランクイン!haru黒髪スカルプ・プロ