いちごのタルト

  • by 中島デコ

作り方

(1) ふるった地粉、完全粉、塩をボウルに入れてまぜ、菜種油を加えて両手で揉むようにして混ぜ込みます。
(2)(1)に(A)のリンゴジュースを少しずつ加えて生地をまとめ、濡れ布巾をかけて30分ほど寝かせます。
(3)(2)の生地を麺棒で5mm程度の厚さにのばし、油を塗ったタルト型に敷いて形成し、底面にフォークで穴をあけます。あらかじめ180℃にあたためたオーブンで15~20分焼きます。
(4)豆腐、メープルシロップ、バニラエッセンスもスピードカッターにかけ、あらかじめスピードカッターで粉状にしたポンセンを加えてクリーム状にします。
(5)(3)で焼いたタルト型に(4)のクリームを敷き詰め、半分に切ったイチゴを、断面を下にして並べます。
(6)葛粉を(B)のリンゴジュースで溶いて火にかけ。3~4本の菜箸でかき混ぜながら透き通るまでよく練ります。
(7)(6)の粗熱がとれたら、(5)の上に流しかけてコーティングし、仕上げます。

くず粉、玄米ポンセンなど意外な素材が活躍

満腹なのに、あっという間に食べられるおいしさ。しかし、材料は健康そのもの。


材料(21cmのパイ皿1枚分)

タルトのクラスト

地粉 1カップ
完全粉 1/2カップ
小さじ1/2
菜種油 1/4カップ
りんごジュース(A) 1/4カップ+α

豆腐ポンセンクリーム

豆腐 1丁
玄米ポンセン 2枚
メープルシロップ 大さじ3
バニラエッセンス 少々

コーティング

葛粉 1/4カップ弱
りんごジュース(B) 1・1/2カップ

おすすめレシピ

おすすめBOOKS

中島デコのマクロビオティック
ライステラスカフェ」

中島デコ/PARCO出版
中島デコさんの自宅で金・土・日限定でオープンする「ライステラスカフェ」。本書では、カフェで出している春夏秋冬のメニュー、素材に対するこだわりやカフェ誕生までのエピソードなどを紹介。

「かんたん、おいしい!マクロビオティック
はじめてお弁当レシピ」

中島デコ/近代映画社
幼稚園や学校のお弁当、会社や仕事場弁当、シチュエーション別ピクニックランチなど、野菜・乾物・穀物が主役のおいしいお弁当を紹介。毎日の食卓にも役立つおかずのレシピ満載。