カンボジア「クル・クメール」のハーブ製品

濃密な香りが魅力のバスティーとトラベルクリームキャンドル

カンボジアから届けられたバスティー。封を開けたとたんに、目が覚めるような鮮やかな甘酸っぱい香りがあたりに広がります。それもそのはずでしょう。「クル・クメール」のハーブ製品は、葉や花、果物の材料は陽が昇ってくる早朝に採り、根のハーブは日が沈む夕暮れ時にと、そのハーブが最も有効成分を蓄えている時間帯に収穫しています。このフレッシュな香りは、ただものではありません。

カンボジアでは800種類以上もの薬草や動物、ミネラルを処方箋に用いるクメール伝承医学がアンコール王朝時代(紀元後9-15世紀)に発達しました。インドのアーユルヴェーダや中国の漢方を吸収しながらも、カンボジア独自の医療文化を築いてきたそうです。

その知恵はいまでもkru khmer (クル・クメール)と呼ばれる民間療法士が受け継ぎ、カンボジアの人々の暮らしに根づいています。たとえばお産の時にはふんだんにハーブを使ったスチームバスで、産後の疲れた体を癒します。

カンボジアのハーブの素晴らしさを知った日本人女性、篠田ちひろさんは、現地で伝承医学を学び新しいハーブ産業をつくるために「クル・クメール」を起業しました。材料のオーガニックハーブは、かつて地雷原だった土地を農園に変えて栽培したもの。長い間、人が立ち入ることができなかった地雷原は、農薬や化学肥料が投入されなかったため、有機物をたっぷり含んだ、柔らかく黒い豊かな土壌に生まれ変わっていたのです。

クル・クメールの魅力

クル・クメール・ボタニカル社は、カンボジアの世界遺産、アンコールワットのある町、シェムリアップに拠点があります。カンボジア産のオーガニック原料のみを使用した「クル・クメール」のハーブ製品は、クオリティの高さと魅力的なデザインセンスなどがあいまって、着実にリピーターが増加中。ご当地の5つ星ホテル『ラ・レジデンス・ド・アンコール』のスイートルームのアメニティーとしても採用され、現地でも好評を博しています。

トラベルクリームキャンドル

トラベルクリームキャンドルは、ロータス(Lotus:蓮)と、チャンパカ(Champaca:金香木)の精油を、ミツロウとココナツオイル、ソヤオイルにブレンド。穏やかで甘いフローラルな香りが、心を平安にしてくれます。携帯に便利な缶入りで、キャンドルとしては約15時間の燃焼時間を持ちながら、ワックスオイルはそのままスキンケアにも使えるという点もうれしいアイデアです。

バスティー

ロータス、チャンパカの他、レモングラスやイランイラン、ブラックペッパーなど、13種類ものオーガニックハーブが使用されているせいか、香りのトーンはトップからミドル、ベースまで複雑かつ濃密で足腰がしっかりしたもの。ワインにたとえるなら、鮮度の高い酸と果実味で、飲みきるまで飽きのこない綾のあるタイプでしょう。ぜいたくなバスタイムになること間違いなしです。
※写真は縫い糸をほどいて中身を見せています。

【プロフィール】

クル・クメール

Kru Khmer Botanical Co., Ltd.
カンボジアでソーシャルビジネスを起業した日本人女性、篠田ちひろさんによるプロジェクト。カンボジアの人たちと、援助ではなく共に働き、伝統の知恵を活かした素晴らしい製品を世に送り出すことで、雇用を生み、仕事を創ることをミッションにしています。