“ジャケ買い”の喜び。
そして中身も大当たりの玄米甘酒

「玄米がユメヲミタ」という一度で記憶に残るネーミングを持つ玄米甘酒。 スタイリッシュなカフェに置かれるのが似合いそうな、上質で味のあるラベルです。 デザインに魅せられて購入する「ジャケ買い」の方が多いそうですが、実のところ中身、味も第一級の甘酒なのです。


いいデザインは、人を気持ちよくさせてくれる。

今回紹介する玄米甘酒「玄米がユメヲミタ」は、デパートの催事やマルシェで陳列すると、一目見てデザインに惹かれて、手に取る人が多いといいます。それもそのはず、商品名は広告業界の重鎮的存在のコピーライターの考案によるもので、パッケージデザインは、これもまた著名なアートディレクターによる仕事です。注目されてデザイン年鑑に掲載されたというのも、この作品の持つ力ゆえでしょう。

そして、デザインで「ジャケ買い」しても、この甘酒は中身も大当たりです。よく目にする白米の甘酒のように、一本調子の甘さではなく、微妙に複雑な風味を残した玄米甘酒ならではの味わいはなかなかのものです。

クリエイティブ、マーケティング畑出身の移住親子が、
手塩にかけてつくる「山燕庵」ブランド。

この製品を生み出したのは、出版社勤務を経て農業を本格的にはじめた杉原正利さんと、マーケティングリサーチ会社勤務経験を持つ息子の晋一さんの親子をコアメンバーとする株式会社 山燕庵(さんえんあん)。福島県鮫川村と、石川県能登半島を拠点に米作り、野菜、そして玄米甘酒づくりを手掛けている新進の事業者です。

会社勤務の道を卒業し、2008年から農業の道に入った杉原さんは、当初福島県鮫川村を生産の場と選びましたが、2011年の福島原発事故を原因とする農業生産への影響と真っ向から向き合わざるを得なくなりました。そこで、2012年からは石川県の生産拠点を拡充すると共に、自社ブランドを生産から製造販売まで一気通貫で行う事業を進めることにしました。

都会の人びとが求めているものを知り尽くす杉原さんから見れば、田舎はまさに誰からも手の付けられていない宝の山のように見えます。よいものを、きちんと説明しながら紹介すれば必ず売れる、そう信じて新商品開発に邁進してきました。

美容と健康によい玄米甘酒を、スタイリッシュにプロデュース。

甘酒といえば、人気急上昇中のアイテム。その理由として、特に女性たちの間で、美容と健康によいナチュラルフードとして注目されていることがあります。ビタミンB群や、葉酸、必須アミノ酸、そして速やかに体内でエネルギー源になるブドウ糖を豊富に含んでいるので、「内側から美しくなる」ために摂りたい食品として見直されたものといえます。

玄米甘酒「玄米がユメヲミタ」の製造は、約100年の歴史を持つ地元の醤油・味噌醸造所に委託しています。歴史を持つ醸造所だけに、山燕庵が栽培している米「コシヒカリアモーレ」のおいしさを引き出し、高い品質の甘酒を発酵させてくれます。「味噌の醸造所に住む酵母菌は、酒蔵の酵母菌よりも、玄米を発酵させる力が強いので、栄養分豊富な甘酒ができます」(杉原晋一さん)。材料となる「コシヒカリアモーレ」は、地元の農家の方々からの厚い協力を得て栽培され、食味検査で最高評価の<S>を獲得した能登の逸品です。

杉原さん親子の豊かなビジネス経験と、本物志向のセンスでプロデュースされる生産物に、これからも目が離せません。


糀発酵玄米「玄米がユメヲミタ」

「コシヒカリアモーレ」玄米100%使用の無添加甘酒。

「玄米がユメヲミタ」は、玄米と米糀(こめこうじ)だけで作られた、ノンアルコール・ノンシュガーの玄米甘酒です。酒粕から作られる甘酒、酒蔵で作られる甘酒ではなく、醤油・味噌づくりの醸造所で作られているので、さらに栄養分が豊富です。農薬・化学肥料に頼らない農法で育てられた、山燕庵のブランド米「コシヒカリアモーレ」(石川県産玄米)を使用し、クリーミーな食感と優しい甘味で人気を集めています。

玄米甘酒
原材料名:玄米(石川県産)、米糀
容量:490ml
賞味期限:製造から常温で12ヶ月
価格:1,469円

コシヒカリアモーレ 3合

美味しさと健康の両立を追求したお米のブランド。

石川県能登半島の清涼な水と豊かな土壌で育つ「コシヒカリアモーレ」は、農薬・化学肥料に一切頼らず、田んぼに生息する土着微生物の力で完熟させた安心できる堆肥を使用しています。
都心の日本料理屋でも、コシヒカリアモーレの美味しさを認め、メインの米として提供する店が現れてきました。


容量:3合(約450g)
価格:540円(税込)


甘酒の有効成分

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれています。これらの栄養は点滴とほぼ同じ内容なので「飲む点滴」と呼ばれることも。低カロリーで食物繊維に富み、美容によい成分をたっぷり含んでいることで甘酒がブームになりましたが、玄米甘酒は白米を材料にしたものよりもさらに有益な成分を多く含みます。


おいしい甘酒のいただき方

<冷やして>氷を入れて/スムージーに加えて/ヨーグルトに加えて
<温めて>ミルクや豆乳に加えて/ショウガを加えて/ココアやシナモンに入れて



山燕庵(さんえんあん)とは

山燕庵は、農林水産省が推進する「六次産業化・地産地消法」の事業認定を得ています。一般的に、農林水産業は「第一次産業」と呼ばれますが、農業が、食品加工・流通販売まで一気通貫に手掛けることを促進しようという政府の働きかけによる呼び方が「第六次化」です。田んぼで稲を育て収穫し、玄米の段階から甘酒に加工、オリジナルのデザイン・パッケージで商品としてまとめあげるという経営は、まさに「第六次化」の見本ともいえる山燕庵の経営展開です。


山燕庵の生産物

主力ブランドの「コシヒカリアモーレ」をはじめとして、じゃがいも、たまねぎ、にんにく等、様々な野菜を栽培しています。甘酒に続いて、お米を原料とした天然のカイロや、米油などの加工品の展開を計画しています。

山燕庵では、鮫川村での生産は現在も続けていますが、基本的に一般流通はさせていません。鮫川村で生産した農産物に関しては、独自の検査基準として「1kgあたり1ベクレル以下」を設定しています。この独自の検査基準をクリアした作物のみ食用として扱い、希望される方のみに販売しています。過去にこの基準値を超える作物はありませんでした。

国の放射性物質の検査基準:【1kgあたり100ベクレル】
山燕庵の放射性物質の検査基準:【1kgあたり1ベクレル】


top