西新宿のマルシェはお寺の中で。「ロータス寺市」

西新宿の「あのあたり」にお寺と墓地があることは、なんとなく記憶にあった気がするが、
そこで、オーガニックやフェアトレード産品のマルシェが開催されているとは。

西新宿の日蓮宗寺院、常円寺で開催される「ロータス寺市」を初めて見に行った。

ナチュラルクエストで扱っている、ウガンダ産シアバター「ニロティカ」さん、
秩父メープルプロジェクト、「秘蜜」のTAP&SAPさんも参加しているとあって、見逃せない。

会場をスマホ片手に探すと、西新宿の雑踏の中に、立派なお寺がある。
墓地も広く、入口を探しているうちに、敷地を一周してしまった。

なんだ、青梅街道沿いにきれいな正門があった。

マルシェの会場は、立派なお寺の会館内。

厳かな日蓮上人像を背景に、商品を並べているのは、
秩父メープルプロジェクトを実現させたTAP&SAP代表の井原さん。

秩父メープルシロップ、第3のはちみつ「秘蜜」に続いて、
新商品「森のサイダー」を絶賛販売中。
キハダという樹木の成分をいかした身体にもよいサイダー。
(第3の蜜「秘蜜」)

ウガンダ産のシアバターのブランド「ニロティカ」をつくりあげた住さん。
住さんによれば、これからの時期おすすめは「ラベンダー入りシアバター石鹸」。
これひとつで保湿効果が高いのでリピーターが多いとのこと。
(ラベンダー精油入り「ニロティカモイスチャーソープ」)

今回の「ロータス寺市」には、28の出展者が集まり、楽しく和やかな雰囲気。

フィンランド産のはちみつ、
バングラディシュの自然派石鹸、
ペルー産のコーヒー豆など、興味津々の産品を発見。

雑誌「自然栽培」編集長、温野まきさんにもお話しを伺う。
失礼ながら、存知あげていなかった雑誌だが、誌面の充実ぶりは素晴らしく、
これは読み込んで、きっと勉強しようと決心。

いただいた名刺を再度見ると、
”農業ルネサンス「自然栽培」”とある。

久々に目にした”ルネサンス”の響きがいい感じ。

常円寺では、祖師堂というこの会場で、映画上映会を行っていたり、
寺というスペースを「もっといい未来を考える」場所として活用したいという
考えを持っている。

会場を後にして再び、西新宿の雑踏へ。
休日の人の渦の中でも、ついさっきまでの穏やかな整った感覚が残っている。
ルネサンス。静かに進むとよいな。

次回は、今年9月に開催予定とのこと。

ロータス寺市
主催「NPO法人 ロータスプロジェクト」
後援 常円寺
https://www.facebook.com/LotusMarche

コメントはまだありません。

コメント表示はありません。