NPO法人「秩父百年の森」×「TAP&SAP」
和メープルエコツアー in 秩父

カエデの樹液は、芽吹きの準備が整った合図

樹液のしずくが流れ出すのは、カエデが芽吹く準備が整った合図。そして、芽吹くと同時に樹液のしずくも止まってしまうという精妙な自然の働きがある。
そんな貴重なカエデの樹液採取現場に案内してもらえる機会と知り、「2016年冬・和メープルエコツアー」に参加した。秩父の夜祭りは有名だけれど、県境が群馬・長野・山梨に隣接し、荒川の最初の一滴がはじまる山をいただく地とは、今回のツアー参加を決めてから調べてわかったこと。池袋から特急アロー号のシートでくついでいるうちに、車窓から軍用機の離陸シーンが間近に飛び込んできて思わず興奮すると、まもなく急峻な山並みへと風景が変わる。西武秩父駅まで約80分、ほどよく旅行気分がわいてくる。

林業の再生にチャレンジするNPO法人「秩父百年の森」

西武秩父駅は、素朴な木造りの登山入り口の駅だ。グリーンのビブスを着て出迎えてくれたのは、NPO法人「秩父百年の森」の島崎武重郎さん、TAP&SAPの井原さんをはじめとする主催者の面々。貸し切りバスに乗り込んだ一行は、島崎さんの豊かな経験と学識に裏付けられたトークに引き込まれていく。
日本で確認されているカエデ28種のうち、実に21種類もがここ秩父に自生していること。川魚の生態でも秩父にしかいない種目がいるなど、温冷帯の気候を持つ秩父エリアには特異性があり、奥深い魅力を持った自然に恵まれているという。若かりし時から日本の百名山を踏破してきた島崎さんは、金沢から秩父まで日本アルプスを歩いて旅してきたこともある渓流釣りの達人。秩父への愛情と、その価値を世に広めたいという思いにあふれる島崎さんの話しはツアー参加者の心を惹きつけてやまない。

「伐らない林業」という新しい林業のあり方。

「乱伐と、その反動としてスギ、ヒノキの人工植林を進めてきた日本の林業は、木材の使い過ぎによる危機ではなく、利用されなくなったことによる弊害が山積しています」(島崎さん)。手入れが行き届かないスギ、ヒノキの林は、表土も薄く、土砂崩れを起こしやすい。人手不足と採算性の悪化で、放置され荒れていく山林が全国的に増えている。
NPO法人「秩父百年の森」では、間伐を行き届かせ、適正な価格で木材を市場に送り出す「伐る林業」と、「伐らない林業」としてメープルシロップを採取できるカエデを活用したり、キハダという抗菌力の高い植物成分を含む木から、医薬材料を摂り出すプロジェクトを推進している。「伐る林業」では、秩父の木材を自社ブランドに活かそうという意欲を持つ木造住宅メーカーとのタイアップがすでに進んでいる。

現代人に必要なエネルギーを惜しみなく与えてくれる森

森の中に足を踏み入れるだけで胸にひろがる清涼感、思わず深呼吸を繰り返したくなるような神聖な空気の流れは誰もが感じることだろう。そうそう、現代人に必要と思われるデジタルデトックスに貢献するという「ホオの木」、「樟脳の木」も教えてもらい、ますます樹々への興味がわいてくる機会となった。
今回の「和メープルエコツアー」の参加者は、のべ120名満席になったという。森に足を踏み入れる気持ちよさに加えて、メープルシロップづくりの現場を見ることができるとあって、今後ますます人気を集めそうだ。NPO法人「秩父百年の森」では、毎年四季折々に植林、渓流めぐり、紅葉狩りツアーなどさまざまな企画を実施している。

NPO法人 秩父百年の森

秩父を拠点に「森をつくる」、「森と街をつなぐ」、「森にまなぶ」、「森といきる」をテーマに植林からエコツアー、環境教育活動を行う。林業と山村地域活性化のため、カエデの樹液プロジェクト、第3のみつプロジェクトに取り組む。

top